ES/Experience

ジャンルリーダー
3

慶應義塾大学

2020 年卒学部卒文系女性


サークル
dance crew es
内定先
三井住友信託銀行 大和証券 井住友海上火災保険 損害保険ジャパン日本興亜

ES

提出先企業:非公開

選考結果:非公開

ガクチカ


所属するダンスサークルでの活動です。私は約 30 人のダンスチームのリーダーを務め、技術、精神両面でチーム全体の育成に注力しました。目指したのは新歓期の代表作品に選出されることです。私はリーダーとして、2つの行動を意識的に行いました。1つ目に、メンバー全員の技術力の底上げです。全体の 3 割が初心者という現状から、メンバーの技術力向上を課題としました。全メンバーに対し、動画撮影から比較画像を作成す...

Interview

エントリーシートを書く上で意識したことはありますか?


以下3つです。
①なるべく一文を短くする、ダラダラ単語を続けない。(人は一文45文字程度が集中して読める限界だそうです。)
②ありきたりですが、ダンサーのコミュニティで使われている単語はそのまま使わない。(ex. コマ、振り見、ジャンルなど)
③必ず、身近な社会人(両親など)に添削をお願いする。このとき、あまり年が離れていないサークルの先輩などにお願いするのも良いですが、私はなるべく社会人経験が長い両親に読んでもらうようにしていました。ダンスのことを中心に書くのであれば、ダンスという概念に馴染みのない両親くらいの世代の人たちにも理解できるものにすれば大丈夫だと思っていました。もし相手が修正加筆が難しいようであれば、一読してもらい、感想をもらう。もらった感想と、自分がそのESで伝えたいことにズレがある場合は、その部分を自分で修正する。ESでは、伝えたいことと伝わっていることに齟齬があるリスクを減らすことが大切だと感じました。基本中の基本という感じもしますが、これが意外とできていないケースが多い気がします。

ESが書けたらメンターに添削してもらおう!