Career Support Systemメンター制度

メンター制度

ダンサーの就活はダンサーが1番わかってくれるはず。
ダンサー内定者に1:1で就活相談ができる"メンター制度"を利用しよう!

Page Contents

index1
index2
index3

メンター制度って何?

ひと言でいうと「就活START〜内定GETまでの全ての活動を付きっきりでサポートする制度」です!

  • 自己分析のやり方がわからない…教えてください!
  • 私はどういう企業が向いてますかねー?
  • ES添削、模擬面接の練習付き合ってください!

など、どんなことでも1:1で丁寧に対応させていただきます。

procedure

メンター制度を使うメリットは?

さて、実際にメンター制度を利用する上でのメリットは主に2つ!!

  1. ダンスの話をどう伝えれば内定が出るのか理解できる!
  2. ダンスの経験に共感してくれる先輩が親身に相談に乗ってくれる!

では各メリットを詳しく見ていきましょう!

  1. ダンスの話をどう伝えれば内定が出るのか理解できる!

    ダンスの話は面接の現場では理解されにくいという現状があります。
    中には、良い経験があるのにも関わらず、伝え方を間違ってしまって良い就活ができない人もいます。
    ではなぜ面接の現場でダンスの話は理解されにくいのでしょうか?
    その答えは「社会の人はダンスについての基本知識がないから」です。
    メンターは自分の経験をもとに就活の話を理解し、ダンスの経験をより伝わりやすいように変換してくれます。
    その結果、面接官がダンスの話を十分に理解できるような状態を作り出し、内定に近付くことができるのです!

  2. ダンスの経験に共感してくれる先輩が親身に相談に乗ってくれる!

    就職活動を行う上で、色んな内定者や色んな社会人と話す機会に恵まれます。
    しかし、ダンスをやったことのない人たちからすると、ダンスサークルの活動イメージはなかなか湧きにくいものです。
    全く同じダンス経験をしてきた先輩なら、あなたへの理解度も高く、同じ悩みに共感してくれるので親身に相談に乗ってくれます!
    ダンスをやってない人には話しにくい内容も相談できちゃいます。

自分に合うメンターを探そう!

メンター選びはとても重要です。自分と志向性が異なる人との面談の場合、お互いに伝わりにくくなり面談の質にも影響します。
その反面、自分の志向性と合う人との面談だと、話の伝わりやすさや信頼度が格段に上がります。

それでは、現時点での自分の仕事への志向性からメンターを選んでみましょう!!

4つのグループから選択し、クリックするとメンター紹介ページに移ります!

Select your type

  1. 大企業バリバリタイプ
  2. ベンチャー上昇志向タイプ
  3. ゆったり人生楽しみたいタイプ
  4. 丁寧に教えてもらいながら
    仕事を楽しみたいタイプ
mentor3
mentor4
mentor6
mentor1
mentor8
mentor11
mentor7
mentor9
mentor10