News


【19卒ダンキャリ利用者インタビュー第1弾】〜就活ダルいと言っていた僕が今、仕事を楽しんでいる理由〜


【御旅屋潤(おたや じゅん)】慶應義塾大学dance crew esでHouseのジャンルリーダーを務める。またHouseチーム、The 1996として第4回全日本大学ストリートダンスコンテストで準優勝、プロのHOUSEダンサーも多く出演する『HOUSE DANCE CROSSING』にもチーム単独で出演するなど、精力的に活動を行う。現在は社会人1年目として、エンジャパン株式会社にてエン転職の法人営業を行っている。

19卒ダンキャリ利用者インタビュー第一弾は、じゅんさん!生粋のダンサーである彼の就活とは?
フィーリングで生きる、何とかなるっしょ精神の彼が就活を成功させた理由に迫ります!

なんとなーく始めた就活

『面倒臭い、何すればいいの?、なんだかんだ行けるっしょ』

就活はいつ頃始めましたか?
本格的に始めたのは3年生の三田祭終わってからだから、11月かな?本当の最初は夏にインターン行きましたね。その時はとりあえず、聞いたことのある名前の企業のインターンに2.3個出して、1個受かって行ったって感じですね。

当時は、どの会社に行きたいとか、こういうことがしたい!とかはありましたか?
全然無かったですね。とりあえず、サークルの先輩が行っている所となんとなく聞いたことある所に、行くんだろうなーとか、受けようかなー、とか思っていました。

当時の気持ちを詳しく教えて下さい!
まぁまず、『面倒くさい。』1つ目に面倒くさい笑 2つ目が、『どうやりゃいいんだ』ってところ、『何すればいいの?』ってとこ。3つ目が、『なんだかんだいけるっしょ』ってところ笑

ダンサーズキャリアと出会った頃の話

就活にのめり込めない人には有難い

ダンサーズキャリアの最初の印象はどのようなものでしたか?正直にお願いします!
ダンキャリとは、六大学(東京六大学ストリートダンス連盟)を通して出会いましたね。率直にまず凄いな、って思って。ダンサー専用のが出来たのは凄いなって思ったし、有り難いし、周りの人も有り難いって思うんだろうなって思いました。

実際に利用してみて、他のサービスと違うなと思った点はありましたか?
例えば(ESなどの)見本を見るじゃないですか。それがまず基本的にダンサーっていうのが有り難いというか。他のサイトだと、学生団体の話とかバイトで頑張ってましたとか、部活で頑張ってました、みたいな話がほとんどで、たまーにダンスの話があるくらいで。

ダンスの話ってなかなか希少ですよね。ダンスをやってない人には伝わりづらいです。
就活ってのめり込んでる人はESとか上手く書けるんだろうけど、自分はそうじゃなかったんで、お手本があったのでわかりやすかったと思います。

ダンスの話を使ったESを見る

ダンキャリ面談に行ってみて実際得たこと

考えるきっかけになったのと、考え方を教わった

就活に対するモチベーションが低かったじゅんさん。「とりあえず来いよ」と言われて仕方なく行った1:1のキャリア面談。そこで彼が得たこととは…?

ダンキャリの面談はどうでしたか?
しっかり考えるきっかけになったっていうのと、一発の面談で正直全部が明確になったかって言うとそうではないけど、どう考えたらいいんだっていう考え方を教われたのがよかったかな。あとは、面談して逆に、やべえって思ったかもしれん。笑 色々根掘り葉掘り聞かれるし、考えさせられるし、で、余裕ぶっこいてたのが、『あ、これちゃんと考えなきゃやばいな』って思ったかも。

ダンスで頑張ったことを伝える

面談の良かった所はどこですか?
ダンスで頑張ったことを、ダンスじゃ無い人に伝えられるように、特に俺とか言語化苦手だし。そのアドバイスをしてくれるから、それがいいよね。どう上手く伝えるのかっていうところを作ってくれるから。フィーリングを形にしてもらったのもそうだし、フィーリングをフィールしてもらって笑

ダンキャリ面談を体験してみる

エンジャパンとの出会い

ダンキャリに「エン行ってみなよ」って言われた

言語化苦手でふわふわしていたじゅんさんが、エンジャパンに内定承諾をするまでの話を伺いました。

エンジャパンに出会ったきっかけは何ですか?
(ダンキャリの面談で)エン行ってみなよ、って言われて。笑 ただダンキャリのメンターは俺のことをよく理解してくれてる感覚はあったから、その上で言ってくれてるんだろうなぁと思った。エンって名前も知ってたしサークルの先輩も一人行ってたし、それもあって素直に行ってみたって感じ。

最終的にエンに決めた理由は何ですか?
成長できそうと思った。あんまり誰のために、とか無い人間なんだけど、欲しい価値観かなって元々思ってて。エンにはそういう人がいっぱいいて、そんな環境で働けばマインド的な面で成長させてもらえるというか。

じゅんさんのどこがエンジャパンとマッチしているのでしょうか?
そこは多分、、正義感的なところかもしれない。そこがエンの掲げる「社会正義性」ってところとマッチしているのかな。

当たり前の倫理観というか、そこのフィーリングがエンと合っているかなという?
うん。人として大事なこととか、意外と一番普通だけど大切にしなきゃいけないところ、とか。そういうところを凄い大切にしてたからっていうのは大きいし。ダンキャリはそれ分かってくれてたから、ずっと合ってるよって言ってくれてた。面談でもこういうの嫌いなんですよねって話してたからだとは思う。

エンジャパンで実際に働いてみて

実際に働いてみてどうですか?
嘘つかないで働けているっていうのもそうだし、あとは周りが本当に、会社として掲げていることを全員ちゃんと考えながらやっているっていう。

それすごいですよね
社内のコミュニケーションでも、それは本当にお客さんのためになってるの?とかその提案は入社後の活躍に繋がってるのか?とか、自分たちが口にしていることをちゃんと曲げないで、嘘つかないでやってるから、そこはギャップはない!!まぁまだめちゃめちゃ楽しいフェーズではないけど笑笑 ここでこのままやってたら成長しそうだなって、入ってからより思った。ビジネスマンとして成長していく上で、大事な要素がいっぱい言語化してあるんだけど、そういうのを普段から意識させられるっていうのは大きいかな。

就活にやる気が出ないダンサーがやるべきこと

今やれるダンスをしっかりやった方がいいと思う

ダンサーの就活生に一言お願いします!
一回ダンキャリでお手本を見るのもそうだし、特に面談とかは、道筋をわかりやすく描いてもらえるから、今不安でも大丈夫です。とりあえずダンキャリ使えば。笑 就活頑張るのも大事だけど、就活のことは考えすぎないで笑 今ダンスやってるんだったら、目の前のダンスを頑張ればしっかり話せるだろうし、逆にちゃんとやってなかったら話せてないんだろうなって思うから。特に俺みたいなフワフワしてる人は、(就活を)始めてもすぐにズバってならないはずだから、だったら今もうダンスに振り切って、で、頑張ったダンスっていうのをわかってくれてる人がいるから。しっかり頑張った後にそういう人に言えば、形にはしてもらえるし、と思う。

今のめっちゃダンサーに刺さりそうです!笑 ありがとうございました!

ダンサーズキャリアではダンサーの就活を応援しています